[Blog書いた]DNS PrefetchとIPv6を無効に[OSX]

Safariである程度傾向のあるリンクをクリックしたと同時にMZK-MF300Nが数十秒気絶するのはDNS Prefetchのせいかもしれない。ついでに、IPv6はGUIから明示的に切れないようなので両方とも切っておく。

MZK-MF300Nの気絶はとんでもなくストレスで気絶するたびに窓から投げ捨てたくなる。別のWiFiルータにすればいいのだろうが私生活がノマド(じゃなくてホームレス)だと給電を考えるとしばらくはこれで。

DNS Prefetchを無効に、

% defaults write com.apple.safari WebKitDNSPrefetchingEnabled -boolean false

IPv6を無効に、

% sudo networksetup -setv6off Wi-Fi

追記1:
DNS Prefetchは関係はなさそう。周期があるような無いような気がするけど、これってAPモード/ルータモードの自動切り替えとかのためになにか走ってるのかもしれない、そのタイミングで気絶?とか考えたけど…新しいの買うか。

追記2:
MZK-MF300Nが数十秒気絶を回避できた、ルータモード固定で動作させれば安定動作。やはりDNS関連の問題のようだ。

追記3:ルータモード固定の弊害?が出た、設定に注意. [Blog書いた]AirPlayできない時はWiFiルータのIGMP Proxy設定を確認[OSX]

まだしばらく使えそうだな、そんな感じで.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中