[Blog書いた]MacでTime MachineしたいからDebian “squeeze”にNetatalk 3.0をインストールしてみる[OSX]


なんかnetatalk 2.2-beta3以降じゃないとダメらしいから3.0なの?とか思ったけど、なんかもうパッケージを探すのダルいなと思っていたら素晴しいページを発見.

Debian 6 squeezeに Netatalk 3.0 を入れる:HAT blog

そのままマルパクさせていただいて、

/etc/fstabにてuser_xattrを設定している

このサーバってしてないみたいだし、これでいい?

% sudo aptitude install attr acl
% sudo emacs /etc/fstab

errors=remount-ro => defaults,acl,user_xattr,errors=remount-ro

% sudo mount -o remount,rw,acl,user_xattr,errors=remoun-ro /dev/sda1 /

手順の通りにNetatalkをビルドしてみる、

% sudo aptitude install libssl-dev libgcrypt11-dev libpam0g-dev libwrap0-dev libdb4.8-dev libavahi-client-dev libacl1-dev libldap2-dev libkrb5-dev
% wget http://prdownloads.sourceforge.net/netatalk/netatalk-3.0.tar.gz
% mkdir src
% tar xvfz netatalk-3.0.tar.gz -C src
% cd src/netatalk-3.0/
% ./configure --with-init-style=debian
....
% make
....
% sudo make install
....
% /usr/local/sbin/afpd -V
afpd 3.0 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.

afpd has been compiled with support for these features:

AFP versions: 2.2 3.0 3.1 3.2 3.3
CNID backends: dbd last tdb
Zeroconf support: Avahi
TCP wrappers support: Yes
Quota support: Yes
Admin group support: Yes
Valid shell checks: Yes
cracklib support: No
EA support: ad | sys
ACL support: Yes
LDAP support: Yes

afp.conf: /usr/local/etc/afp.conf
state directory: /usr/local/var/netatalk/
afp_signature.conf: /usr/local/var/netatalk/afp_signature.conf
afp_voluuid.conf: /usr/local/var/netatalk/afp_voluuid.conf
UAM search path: /usr/local/lib/netatalk//
Server messages path: /usr/local/var/netatalk/msg/

うん、なんかよくわかんね.
afp.confもよくわかんねーから同じくマルパクさせていただいて、

% sudo emacs /usr/local/etc/afp.conf
[Global]
mac charset = MAC_JAPANESE
vol preset = my default values
[my default values]
file perm = 0400
directory perm = 0700
[Homes]
basedir regex = /home
[test volume]
path = /export/test1

起動してみる、

% sudo service netatalk start

OKっぽい. マウントできた.

よくわかんないでできちゃってるっぽい、インターネットってすごいっぽい.

停止は、

% sudo service netatalk stop

か.

Time Machineの設定ってやった事ないからググるか….
というかなにそれ?自動的にバックアップしてくれる?意味わかってない.
それよりcheckinstallとかパッケージにすべきだった?…あとさSambaとの関係は?

追記:HAT様が書かれた詳細情報をみつけた Netatalk and Samba

うーん、なんかTime Machineの設定の前に心が折れた、Stay tuned!
いや続かねーか… AFPなサーバにはなるだろ、まあそんな感じで.

追記:Time Machine設定をした記事を書いた [Blog書いた]Debian “squeeze”にインストールしたNetatalk 3.0にTime Machineの設定を追加してみる[OSX]

広告

コメント1件

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中